ダイナミックな仕事ができる魅力がたっぷりの不動産業界で働こう

不動産業界は金額の大きな取引ができ、ダイナミックな取引を扱える魅力ある仕事ができる職場です。
会社の規模や事業内容にもよりますが、大きく土地や建物などの不動産売買、賃貸、不動産の有効活用のコンサルティングや土地開発、再生事業、投資運用事業などに分けられます。
あらゆる事業を展開する会社から、特定の分野に特化した会社まで大中小様々な会社が存在しています。
多彩な事業を展開している会社は不動産総合プロデュース会社などとも呼ばれ、大手不動産ディベロッパーをはじめ、都心部の開発などに特化した中規模業者や地方の開発を主体にする地域密着の地元業者などもあります。
多彩な事業を展開している会社に入社すると、1つの事業部だけでなく、数年から10年程度のスパンで様々な事業部門に異動しながら多様な経験を積み、総合的なコンサルティング能力やスキルを身に着けるよう、人材育成がなされていきます。
一方で、特定の事業に特化した会社の中には、賃貸事業専門の業者や売買の仲介専門の会社、事業開発や建物建設専門の会社やマンションやオフィスビルの管理など管理業に特化した会社もあります。
賃貸事業については個人向けのアパートやマンション、貸家などを専門的に行う会社と法人や事業主向けのオフィスや事務所、店舗、駐車場などの賃貸を専門に行う会社、両者をともに行っている会社などがあります。
売買の場合は会社が買い取ったり、所有している土地や建物の販売や、個人や事業主からの依頼に基づいた土地や建物の売買の仲介を行い、買い主を見つけ、売買契約の立ち合いやサポートを行う業務を行っています。
事業開発の分野では相談者の依頼を受けるほか、実際に自分の足で有効活用できそうな土地を探したり、活用されていない土地や建物を探し出し、所有者に対して再開発やリノベーションなどの提案を行っていきます。
プレゼンをしても断られるケースもありますが、成功すれば何億円というお金が動く開発や再生事業に携われますので達成感もあり、自分に自信も付けられます。
管理事業の場合はマンションやオフィスビルなどの日常の点検、修繕などのサポートや長期かつ大規模な修繕計画の策定と実行支援、マンション管理組合のサポートなどを行っていきます。
いずれの事業に従事するにあたっても、宅地建物取引主任者の資格があると専門スキルを活かして活躍ができます。
一定のスタッフに一定数の配置が義務付けられているため、仕事をするうえで資格取得は必須ではありませんが、資格の取得支援制度や会社が資格を取らせてくれる会社を探すのがおすすめです。

Comments are closed.