若い時から老後に備えて不動産投資をしませんか

老後の収入である年金の支給開始年齢は上がり、支給額は下がる一方です。
このままインフレが進めば、物価が高く所持金は少ないという経済的心配ばかりしなくてはならなくなってしまいます。
対策として個人年金と言う方法もありますが、お勧めのは不動産投資です。
個人年金は受領年齢に達するまで保険料を払い続けますが、当然ながら間には収益はありません。
不動産投資として賃貸物件をローンで購入した場合であれば、家賃で少し返済しながら毎月収益を得ることも出来ます。
完済すれば管理費は残るものの、毎月、多くの家賃収入が入るようになります。
また資産が残ることが面でも不動産経営を進める理由の一つです。
もし、死亡してしまったら当然年金の支給は止まります。
不動産投資の場合ローンが終わってなくても安心です。
ローンの既返済額で利回りは違うもののローン自体がなくなるので、資産が残ります。
それが賃貸物件であれば、入居者がいる限り、家賃は入り家賃が実収入になります。
このことからして自分の老後、残される人たちのことまで考えるとやはり不動産投資が適した対策法と言えるでしょう。
では、いつ始めたら良いでしょうか。
高額な買い物だから、少しお金を貯めてから、子供が大きくなってからなどと購入を躊躇う人も多いでしょう。
しかし、早く購入すれば、早く返済が終わり、実収入となるのも早くなります。
実収入が増えれば、それを毎月得るだけでもいいし、それを資金に違う地域や違う用途の不動産物件を購入し、リスクに備えることができます。
購入のに必要な多額なお金はローンを活用しますが、普通の住宅ローンではなく不動産投資ローンが適用されます。
受託ローンよりも若干、金利が高く審査も厳しいのですが、大きなメリットがあります。
ローンを組むと少ない投資金額で高い利回りを得る、レバレッジを効かせることが出来ます。
不動産だけでなく投資においてレバレッジを活用することがより収益を得るのに必要なことです。
良い物件があれば自己資金が溜まるのを待つことなく不動産投資を始めることが出来ます。
またサラリーマンであればローンは組みやすい上に、確定申告をして節税できることもあります。
もし、赤字であれば給与所得と不動産所得で損益通算でき、合計所得が減るので税金が還付される可能性があるのです。
もちろん、投資なのですべてがうまく行くとは限りません。
事前にしっかりと勉強をして、自分の資産を守り活用していきましょう。

Comments are closed.